a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

1990年代 普通 (好みで)

Ju Dou (1990) - 染物

Zhang Yimou、Yang Fengliang監督 染物の色を映像として活かした作品。奴隷のように虐待される女の怨恨が、別の怨恨を産んでいく様を流暢に描写している。

Food (1992) - 飢え

Jan Švankmajer監督 三部構成である。行為としての食事を嫌悪するという主題で、朝食、昼食、夕食をそれぞれ風刺する。飢えのために食事を行うが、その行為によっては飢えが無くならず、いつまでも貪欲であり続ける点に、それを憎悪する理由を見出しているよ…

Before Sunrise (1995) - 印象

Richard Linklater監督 王道の恋愛映画であった。電車で偶然にも隣の席に向かい、数回の会話で意気投合。現実の世界では起こり得ない、無理のある会話運びによって、王道のストーリーが開始されるのである。そして、通常にしては長いショットで、即興ではな…

Rosetta (1999) - 独創的かつ社会派

Jean-Pierre Dardenne,Luc Dardenne監督 極端なクローズアップの状態から、カメラを移動させる。すなわち、画面が揺れることが絶え間なく、常に緊張を強いられるシークエンスだ。テクニックの独創的な良さに加え、いわゆる社会派の役割を果たし、その嗅覚に…

Madame Bovary (1991) - 小説との差

Claude Chabrol監督 小説を読むことで漠然と作り上げてきたエマの像が、良くも悪くも裏切られ、気づくと特別な感動もなく、氷のように溶けてしまったような視聴後感覚。それは、小説の読了後感覚と全く同じで、本当に不思議な小説である。もっとも実際的に迫…

The Thomas Crown Affair (1999) - おしゃれな衣装

John McTiernan監督 おしゃれな衣装、それも主演俳優だけではなく脇役に至るまでトップレベルのおしゃれをしている。Cally Blackmanによれば「最もおしゃれな映画」。そして、残酷ではあるが、映画の出来は決しておしゃれによって決まらないことを示す例にな…

Four Rooms(1995) - Penthouse "The Man from Hollywood" - 独特

Quentin Tarantino監督 撮り方が独創にあふれている。案外『パルプ・フィクション』の翌年に公開された作品で、『パルプ・フィクション』の方が撮りかたがアートにまとまっていた感じもする。が、危険な賭けがまさに開催されようとする中、死刑執行人の役割…

Four Rooms(1995) - Room 309 "The Misbehavers" - その先が知りたい!

Robert Rodriguez監督 躾がなっていない、まだ小さい子供である姉と弟がいて「あんたの足臭いぞ」と罵り合っている。すると、彼らの足が臭いのではなく別の原因があることが判明するので、実はその先の展開が観たかった。オムニバスなので、その原因が判明す…

Four Rooms(1995) -Room 404 "The Wrong Man" - 普通

Alexandre Rockwell監督 ホテルボーイがある客室に入ると、そこに居る男が何やら剣幕を持って女を銃で脅しているありがちな展開である。

Four Rooms(1995) - Honeymoon Suite "The Missing Ingredient" -

Allison Anders監督 今回のオムニバスは、タランティーノ監督が担当した「ハリウッドから来た男」を元に作られている。ホテルのそれぞれの部屋で起こる非日常をいかに楽しく彩るかが、一つの主題であったように思われる。その意味で、魔女の霊祭がLos Angele…

Velvet Goldmine (1998) - 衣装に感動した

Todd Haynes監督 ストーリーは陳腐であり、感動的に構成することに失敗している。しかし、衣装は非常に良い。パンクの衣装を見事に取り揃えてbisexualを表現することに成功した。

Jean Cocteau, mensonges et v?rit?s (1997) - 名言の数々

Noel Simsolo監督 今の時代や、あるいは日本にとって彼の言葉は人々の感じる閉塞感を打破するかどうかは定かではない。むしろ閉塞感を感じる現代人をモヤモヤさせるだけであるかもしれないが、兎に角名言のオンパレードである。1時間という尺は適切である。

Speed (1994) - なかなか

Jan de Bont監督 監督の力量があっぱれである。

STAR WARS EPISODE I: THE PHANTOM MENACE (1999) - 普通に良い

George Lucas 監督 作品全体が丁寧に作られており、主人公の格闘シーンや、地上での戦争シーンがよく練られている。

御法度 (1999) - 美男すぎた

大島渚監督 「美男すぎた」松田龍平のキャスティングは非の打ち所がない。喋りが下手であっても、それすら役者とキャラクターの個性として映画を組み立て観客を納得させてしまう、大島渚の監督技量には惚れ惚れする。最高の監督である。

The Stendhal Syndrome (1996) - 暴力の憑依と継承

Dario Argento 監督 ダリオ・アルジェントは初期作品では男を主人公に据え置いていた。それも彼にメロメロになっている彼女を侍らせているようなモテる男である。それがいつの間にか青年の女が主人公になっていった。それも、彼氏がいるケースもあるが、どこ…

The Lost World: Jurassic Park (1997) - 恐怖の達人2。

Steven Spielberg 監督 トレーラーが崖から突き落とされそうになり、必死でロープにつかまる主人公たち。途中でトレーラーが滑り、つぼ抜きのように彼らの横をすり抜けて落ちていく。もはや恐竜で怖がらせるというよりも別のアドベンチャー的要素にすり変わ…

Jurassic Park (1993) - 恐怖の達人。

Steven Spielberg 監督 必死で恐竜から逃げている最中であるというのに、ブラキオサウルスに目を輝かせている子供たちを観ると非常に違和感を感じる。本来であれば死の予感と孤独感に押しつぶされそうになっているのではないか。そこを現実的に描かないとこ…

Life Is Beautiful (1997) - 前向きに生きる様を観る。

Roberto Benigni監督 ロベルト・ベニーニは『ナイト・オン・ザ・プラネット』でタクシー運転手をしていた人。確か田舎出身で手当たり次第に獣姦している仕様も無い役であった。牛を強姦して、羊を強姦して、弾丸のように喋る人。それが監督としているという…

Fallen Angels (1995) - 群像恋愛劇

Wong Kar-wai監督 『恋する惑星』と同じく群像恋愛劇である。ほとんど同じだから、どちらを観てもよいであろうし、どちらが好きになろうとKar-waiのハンディカムを多用したロマンティシズムを堪能できる。『恋する惑星』でも書いたとおり、たえず人間のリズ…

Back to the Future Part Ⅲ(1990) - 時空を超えた純愛へ。

Robert Zemeckis 監督。 前作の最後から凡庸な西部劇になるのではないかと思ったが、案外おもしろいのである。『駅馬車』の馬の使い方を十二分にオマージュして、Michael J. FoxがClint Eastwoodを名乗る。確かかは分からないが、鏡の前でヒーローを気取るMi…

City of Angels (1998) - ロマンチックな映画を観る。

Brad Silberling 監督 Nicolas Cageは天使の役に向いていると直感できる作品。彼は天使と対面するようなファンタジックな役にも向いている。『ワイルド・アット・ハート』では、彼は天使と一緒に画面に映っていて違和感が無かった。それは役者としては当たり…

The Legend of 1900 (1998) - 美の運動を観る。

Giuseppe Tornatore監督。 目で魅せる映画である。船の揺れと共に床を走るピアノは、美が船の中を縦横無尽に疾走しているイメージを引き起こす。どのシークエンスも美しいので、どうして美しいのだろうと見入ってしまう。その理由はきっと美が運動している様…

うなぎ (1997) - UFOを待ってしまう圧倒的な作品的敗北を観る。

今村昌平監督。 孤独を排し現実を受け入れ、新しい家族と再生すべきだというストーリー。 残念ながら、私は大嫌いである。 物語ラストで刑務所に入る主人公が帰ってくるかどうかを、愛人が気にする場面がある。女は彼のことが好きだったのに、どうして彼をUF…

Black Cat, White Cat (1998) - ユーモアの大切さを観る。

Emir Kustrica as director ある意味では、Kustricaはまったく成長しない監督である。撮り方もモチーフも早いうちに完成し、まったくと言ってよいほど以後の作品に技術的な変更が少ない早熟した監督である。 代わり映えが無いといってもどの作品も面白いので…

The Piano (1993) - 不思議な距離感覚の映画を観る。

Jane Campion as director 建物の位置関係に対して面白い着眼点に気づいた作品。女の主人公が不倫をする話である。夫の家と、不倫先の家はどれだけ離れた距離にあったのだろうか? 本作を観ると、ひとつか多くてもふたつの移動ショットをつなげただけで、こ…

Arizona Dream (1994) - 拳銃自殺の名シーンを観る。

Emir Kusturica監督。 自殺のシーンは見事である。落雷と発砲の同時発生、ピントは手前から奥の木へと移動する。彼女は落雷に驚いて引き金を引いてしまったような素振りもあり、リアリティを感じる。

Wild at Heart (1990) - 力強さを観る。

David Lynch監督。 映画史上でも謎であろう、天使が舞い降りてくるショットがラスト付近にある。この天使によって、唐突にアンハッピーエンドがハッピーエンドへと180度転換される急激な力が映画に加わる。そこから5分たらずのうちに「Love Me Tender」…

Underground (1995) - 画面にほとばしる才能を観る。

Emir Kusturica監督。 カンヌでパルムドールを獲るというのは、ある明瞭な文化的メッセージを強力に描写できる実力を指すと思う。監督の『Arizona Dream』は、実力はあったが文化的メッセージは皆無に等しい。(しかしヴェネチアで銀熊は獲った。)本作は、…

Bitter Moon (1992) - 独善と偽善がばれる瞬間を観る。

Roman Polanski監督。 踊りを入れたシーンが上手い。『フランティック』のときにみせたEmmanuelle Seignerのダンスホールでのダンスは、ホールの小ささとその中でごったがえす人いきれの非日常感を、瑞々しい感性で映像化していた。そのときに私が感じた感動…

Being John Marcovich(1999)- 穴の空間感覚を観る。

Spike Jonze as director 普通の映画における法則として、全体の1/3が時間経過した際にはメインストーリーが展開済みである必要があるが、本作においては例外である。いつまで経っても、ストーリーがどのように展開するのかが見えない。そこが面白いのだと…

Lovers of the Arctic Circle(1998) - だらしない男を観る。

Julio Medem as director 本作ほどシネマスコープの必要性が無かった映画は見当たらない。時折監督もその端のスペースをもてあましている。ビスタサイズでよかった。 最後アナは交通事故で死んでしまうが、まさか道路を白目を向きながら引きずられていくとは…

Night on the Planet(1991)-Winona Ryderの光る映画を観る。

Jim Jarmusch監督。 タクシーの中での人物描写を主とした映画である。住む世界が違いすぎている、 というのがドライバーと乗客の境遇における基本的な条件になっている。本作で 面白いのは、その境遇の違いを乗り越える会話にあるというか、シナリオの良さ …

The Match Factory Girl (1990) - 肉体労働者の苦悩を観る。

Aki Kaurismaki監督。 本作が何と似ているかと言えば、同監督の『罪と罰』とシナリオの本旨があまり変わらない。主人公は工場の肉体労働者であり、単純労働をしている。そして肉体的にではなく、精神的に何らかのフラストレーションを感じる。(『罪と罰』で…

Les Amants du Pont-Neuf (1991) - ブルーレイで観たい映画no.1

Leos Carax監督。 恋愛に対する非常に真面目な映画である。よく見かけるパターンの中では、男と女が出会いそこでいきなり裸になって抱き合うのであるが、本作は恋愛を描く画面の上で女の裸に頼っているものではない。互いに身体に不具合があるからという理由…

Damage (1992) - おとなしい逢引映画を観る。

Louis Malle監督。 並の映画よりは明らかにカメラワークが上手であるが、やはり欠点も多い。冒頭でJuliette Binocheがパーティーで登場した場面、普通の人間は見ず知らずで本作の画面のように非常に近い距離まで寄って会話することは、まず無い。それは、会…

Polish Wedding (1998) - 音楽に頼りすぎな映画を観る。

Theresa Connelly監督。 人物の会話や行動に違和感が多いのと、撮影の仕方がやや単調である点が気になる。メインテーマの映画音楽を、編曲をかさねて常に流し続けるようなスタイルである。映画としての画面を撮るための文法は、多少なりとも存在しているはず…

Drifting Clouds (1996) - 本来的な人間劇を観る。

Aki Kaurismaki監督。 順風満帆そうな夫婦が居る。ふと、夫がリストラに合ってしまう。そして夫が再就職に苦労しはじめていると、妻もリストラに合ってしまう。そして何をしても上手くいかないうちに、税金逃れをしているなどと因縁をつけられて警察の影も忍…

Take Care of Your Scarf, Tatiana (1994) - 男と女の視線が交差する一瞬を観る。

Aki Kaurismaki監督。 男と女がいて、女はヒッチハイクで後から車に乗ってくる。全体の2/3が終わるところまで、彼らの仲にはなんら進展が起きず、女は男のことを「フィンランドの男って嫌ねぇ」といった風に陰で悪口を言っている。しかし、ふとした瞬間、運…

Leningrad Cowboys Meet Moses (1994) - モーゼがまさかの独裁者という展開を観る。

Aki Kaurismaki監督。 モーゼが出てくるので何事かと期待して観たら、前作の独裁者がそのまま名前を変えて出てきただけという、独特な肩透かしをくらう映画。即興演出である点も前作と変わらない。 ハリウッド映画のような仰々しい敵が存在しない。本シリー…

Ghost Dog(1999) - 不思議な古来日本の感覚を観る。

Jim Jarmusch監督。 異なる国籍の人が、ついに互いに言語がわからないにもかかわらず、気軽に仲良 くなっている。Ghost Dogとアイスクリーム売りである。 この監督がアクション映画に取り組んだのは、非常に意外な印象を持つ。大衆娯 楽の映画とは異なる方向…

おもひでぽろぽろ (1991) - 女の子の弱みそのものまで描いた作品を観る。

高畑勲監督。 小学生時代のシークエンスなど、私にも「あるある」と共感できるような場面ば かりである。こういう、的確で繊細な描写ができるということで、スタジオジブ リはアニメ界における優等生なのであって、その意味において天才肌なのではな い。 と…

Casper (1995) - 子供も大人と同様の感情表現ができるという明瞭な証拠を観る。

Brad Silberling監督。 子供も大人と同様の感情表現ができるという明瞭な証拠となる映画である。本作 の中で女のティーンエージャーは、同姓への嫌がらせも、虚栄も、日々の孤独も 、ふと沸く冒険心も、不正に立ち向かう心も、何でも表現することができた。…

TAXi (1998) - Marion Cotillandの魅力を観る。

Gerard Pires監督。 Marion Cotillandは、なかなか稀に見るユニークな女優である。可愛い笑顔で「2 時間で戻らなかったら(この女は)火あぶりにするわ」と平気で言える。しかも その台詞の余韻に、嫌な感じや悪気を残さないことが凄い。『エディット・ピア …

Sleepless in Seattle(1993) - 子供のストーリーへの影響力を観る。

Nora Ephron監督。 アメリカではるか隔てた場所にいる男女が、エンパイアステートビルでめぐり会 うまでをストーリーにしている。何が二人をめぐり合わせたのかといえば、それ は主人公に残された一人の息子である。子供の力によって、現実では不可能であ る…

HANA-BI(1998) - 絵画を上手く取り入れた映画を観る。

北野武監督。 監督が芸人でもあるからという訳ではないが、芸人であると主に二つの点におい て映画で才能を開花させることができる。ひとつは、遊戯を描写する際の多彩さ と深さである。これは、ジョークとも通じるところがある。人間は、人生のどこ かで遊…

Pulp Fiction (1994) - シネマスコープの教科書を観る。

Quentin Tarantino監督。 「パルプ・フィクション」は非常に良くできた映画だ。 つまらない単調な映画は、白紙の上に描いた非常に長い直線になることがある。そ れは、途中から観たら話の全貌がわからず、かと言って初めから線を追っても、単調なためにつま…

Helas pour moi(1993) - 不協和音で連結される画面を観る。

Jean-Luc Godard監督。 男と女が座っており上半身を写しているショットに、同じ場所に女だけが座って いるショットを連結させると、極めて不自然である。不自然ではあるが本作では 実際にそれをやってのけており、その連結の際には、ピアノの鍵盤をでたらめ…

How to Make an American Quilt (1995) - 迷信的な映画を観る。

Jocelyn Moorhouse監督。 愛情が崩壊していくという、映画が非常に好むテーマについて取り扱っている。そしてまた、テーマについて禅問答のようなストーリーを展開して、その中で登場人物に喋らせて、ストーリーの答えを見つけ出そうとするものである。その…

Matilda (1996) - 誇張と極論による映画を観る。

Roald Dahl原作 映画原作の御用達であるRoald Dahlの原作である。主人公が超能力をもってガラス容器を割り、そこに閉じ込められた動物が悪役のもとに飛んでいき、悪役がてんてこ舞いをする。このシークエンスは、『ハリーポッター』シリーズに同じ要素が含ま…