読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

Cops (1922) - Keatonの跳躍を観る。

Buster Keaton, Eddie Cline監督。

人の身長の何倍もあるような梯子を、シーソーのように動かしながらKeatonが移動する曲芸が観れる。それだけでも圧巻であるが、最後にはシーソーの動きがふりきれてKeatonが力学的にはありえない位置まで飛んでいってしまう。『マスク』や『ルパン三世カリオストロの城』においても触れたことであるが、人物の跳躍とは、映画のひとつの文化であり特権である。それが不可能であるにもかかわらず、その嘘を合理化するようなユーモアが語れてしまう。その原型のひとつが本作である。