読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

Une Belle Fille Comme Moi (1972) - 色情症のファムファタルを観る。

1970年代 普通 (好みで)

Francois Truffaut監督。

出演者の表情と個性を大切にして、それを最大限に活かす映画を撮るということで、Francois Truffautは監督の中でも随一の志を持っている。但し、即興ではない。細かく腕の先の指の位置にまで注文をつけるまでに気を配った上での、個性の尊重である。

主人公は、典型的なニンフォマニアであるが、それだけの人生で終わらせることをせず、ファムファタルとして生き返らせることで、ストーリーが起伏に富み楽しい。男は彼女にほだされて、ネクタイの色によって観客に発情を示し、そして期待通りに裏切られる。信頼のある、テンポの良いストーリー運びで良い。