読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

Opera (1987) - 映画にしかできない恐怖。

Dario Argento 監督

 撮り方が非常にうまい。

 今では有名かもしれない、扉ののぞき穴を見ているとそこに銃口を突きつけられて、あっという間に目から脳にめがけて射撃されてしまうというのは本作から始まった。レオス・カラックスが『ポンヌフの恋人』で真似した。こちらは丁寧にスローモーションまでかけてくれて、そのショットの怖いこと怖いこと。

 女優が、尻が目立つようなズボンを履いて、猟奇的趣向の犯人が出てくる映画としては罪な作りである。

(こわい撮り方である。あと少し銃弾が左にずれていたら我々観客に当たっていたかもしれない。絶妙な角度である。)