読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

Claire's Knee (1970) - 作品としての美しさ

1970年代 普通 (好みで)

Éric Rohmer監督

 説明不要の美しい作品である。私の叙述能力不足という問題というよりも、ストーリーを説明すると美しくなくなってしまう作品だからである。ストーリーに気をとらわれていると間違いなくClaireの膝への性的憧憬を共感できなくなり、それは観客において美しさの受容からは離れ、おそらく監督の意図からも外れるだろう。あくまでも膝への性的憧憬であるが、男の欲望を叶えるポルノにしていない点が作品としても美しいのである。そしてまた、話の筋を気にせず、憧憬が確かに今回の映画には存在すると認識するだけの110分を楽しむ。この極上な時間を堪能してほしいわけだ。