読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

Never Let Me Go (2010) - 童顔の功績

Mark Romanek監督

 

 奇跡といえるほどの童顔、キャリー・マリガンガーフィールドの出演によって本作は成り立っている。顔の老けた俳優たちであったら、退屈なダーク・サイエンス・フィクションになってしまっただろう。本作鑑賞後に、原作小説を読んだのだが、どうも原作の意図をうまく抽出することにかけては、失敗した作品のようだ。あまり映画に多くの欠点を指摘する気もないが、Never Let Me Goという曲をもっと丁寧に抽出してやるべきではなかったのか。