読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

The Grand Dictator (1940) - 諸々要素

Charlie Chaplin監督

 

映画ジャンルの様々の手法を網羅している。それはコメディの手法として勿論のことである。恋愛が発生するまでを丁寧、ロジカルに描写したシークエンスがある。最後の演説は有名すぎる程であるが、群衆が反応したショットを入れることで一気に権威を身にまとう、政治映画でもある。また、当然のこと歴史映画である。喜劇王が君臨することが素晴らしいのではなく、映画の覇者であるとわかる映画であるから、本作を勧める。