読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

Punch and Judy (1966) - 陽気

Jan Švankmajer監督

 

陽気な音楽と共に、有名な「Punch and Judy」をショートフィルムに収めた。Jan Švankmajer監督の作品群の中では、陽気な雰囲気の部類に入るが、それはハンマーがミニチュアであり、殴打の音に愛嬌をもたせているためである。閉塞感を描写する姿勢は変わらない。相手と淘汰しあう構図は『Virile Games』へと通じ、監督の生涯の主題と連続している。音楽と動画を一致させているため、統一感がある。

(ハンマーで相手を叩く、、、)