読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

The electric house (1922) - エスカレーターを観る。

Buster Keaton監督。

エスカレーターで二階へと移動したいのだけれど、エスカレーターが途中から下方向へと運動をはじめるので、登場人物は縦の移動ができない。もしくは、食事を給仕するために、レールに乗った自動給仕装置のようなものが登場する。すべて映画世界内の運動に関することである。"Electric"という主題は、登場人物は画面内で運動をしなければならないという原則の文脈において、解釈されている。