a-moviegoer’s diary

2014年から1日1本の映画を観ていて感想を書き溜めています。そして今年通算1000本を観ました。これからも映画の感想を溜めていきます。東京都内に住んでいます。

1970年代 普通 (好みで)

Flesh for Frankenstein (1973) - 生き血

Paul Morrissey監督 綺麗な顔の俳優がたくさん登場し、バッタバッタと内臓を見せて死んでいく作品。散りゆく美学とやらを表現している、アンディ・ウォーホールの慣習した作品。音楽の雰囲気にのれないと、最後まで観るのは厳しい。

Secondo Il Mio Occhio Di Vetro (1972) - 残像

Paolo Gioli 監督 目に残像が残るほどに細かくショットを重ね、男の像が見え隠れする。映像ならではの体験で、人間とは何かがなんとなくわかった気になる。

Berlin Horse (1970) - サイケデリックに酔う

Malcolm Le Grice 監督 サイケデリックに酔うことのできる短編。これが何時間も続いたら、とても観てはいられない。

The Last Petal (1977) - やさしさといじわる

Roman Kachanov監督 願い事がかなう魔法の花びらがあり、最後の一枚を足が動かない少年のために使う。監督は、私が知る限り主人公がすべて少年であるが、半数かそれ以上は少女である。後の『Metamorphosis』で登場するような、いじわるな性格の男の子は稀だ…

Aurore (1973) - 表現の開拓

Roman Kachanov監督 監督は人形アニメをたくさん作ってから、本作あたりで戦争時の写真を引用し、表現方法の開拓をはじめている。長く映画製作を行うと、ひとつの表現方法から、複数の表現への融合が図られる。その移行期における格好の主題は、歴史である。…

Priklyucheniya Neznayki i ego druzey (1972) - 気球の旅

Roman Kachanov監督 題名の英語訳が不明である。気球の旅に出る少年の話。監督の人形アニメで、空を浮遊し続けるシーンは珍しい。子供心に溢れた作品。 (気球に乗り込む)

Metamorphosis (1978) - 気づき

Roman Kachanov監督 険しい顔をしたいたずら好きの少年が、盲目の少女と出会い、何らかの心の変化があった。

Shapoklyak (1974) - おばあさん

Roman Kachanov監督 シャパクリャクも根強い人気があり、コスプレヤーもいるらしい。監督が以前用いた、電車の題材が発展して使われている。

Cheburashka (1971) - タヌキ

Roman Kachanov監督 躍動感のあるチェブラーシカシリーズの二作目。監督のユーモアが炸裂している。

Mama (1972) - 危機感

Roman Kachanov監督 子供をひとり家に置いて、子供のことが心配な母親を描いた。母親の移動速度に緩急がある点と、映画と同水準の俯瞰ショットが特徴的。 (急ぎ家へと戻る母親)

The Creation of Birds(1972) - 自然

Frédéric Back監督 人間が自然と楽しく過ごす。そして子供が春の恋しさに泣くと、空が春を持ってきてくれる。人間と自然はコミュニケーション可能な主題を持っていて、本作だけではなく監督の生涯の主題でもある。それが現代社会の問題点と繋がるかというと…

INON OR THE CONQUEST OF FIRE (1972) - 火

Frédéric Back監督 火のアニメーションが表現豊かである。一見の価値がある。 (火)

Abracadabra (1970) - ディスコミュニケーション

Frédéric Back監督 世界を平和にしていた太陽を奪われてしまい、楽しく会話できなくなってしまった各国の子供が、太陽を偶然にも取り戻す。本作は、太陽を隠しにきた悪が、なにを表象しているか明らかでないため、単なるストーリー色が強い。 (国際色豊かな…

All Nothing(1978) - 虹

Frédéric Back監督 監督のテーマは生涯共通なので、『Taratata!』と根底が同じ作品。物欲が、どのようにして人間を暴力的にし、その幸せを奪うかを描く。最後に、その幸せを想像するかのように、口をへの字にふさぎ、その口の輪郭がクローズアップされて虹が…

?ILLUSION? (1975) - 都市悪

Frédéric Back監督 都市を悪ととらえる簡単な構図なので、見やすい。その都市は、金と欲望、ドラック、個性を無視した単一化、生きがいのない労働、精神的な重荷へと連関していく。単純な構図なだけに、普遍性を帯びる。 (うさぎ好きにはたまらない)

Leonardo's Diary (1972) - 日常

Jan Švankmajer監督 解剖の描画が登場し、やがて日常の風景が実写され、若者の笑顔と共に終わる。明るいマーチの音楽と、笑顔の実写を入れれば、映画の作風を明るくすることは容易いとわかる。アニメーションの対象は様々に分解され、『Virile Games』などの…

Castle of Otranto (1979) - 挿絵

Jan Švankmajer監督 小説の挿絵をアニメーションで上手く動かして、音楽を対応させた。新規性は薄いが、綺麗な作品である。

The Ossuary (1970) - 納骨堂

Jan Švankmajer監督 プラハの東に行くと、礼拝堂が人骨で装飾されているセドレツ納骨堂があるという。鎖骨や肋骨、上腕骨を組み合わせてアルファベットを作る、という具合である。音楽に合わせて画面を動かし、クローズアップ、パン、ショットを切り替えする…

煉獄エロイカ (1970) - 煉獄におけるカメラ作法

吉田喜重監督 空間構成の独創性によって、煉獄を作り上げることができた。すなわち、ディテールショットで登場人物を描写しながらも、彼らは常に無表情を強いられているので、結果として近景や遠景の独創的な幾何学に私の目がいく。近代的、無機質なコンクリ…

Camera Buff (1979) - 監督の自伝的なものか?

Krzysztof Kie?lowski監督 給料何ヶ月分かをはたいてカメラを買った男の物語。主人公が監督である作品は、その監督の自伝的性質を帯びると信じている私は、キシェロフスキ監督の純朴な映画撮影愛を本作から見た。しかし、あからさまな悲劇ではなく、どこか喜…

The Scar (1976) - 子供と戯れる

Krzysztof Kie?lowski監督 工場長に任命された男の、その任務に就いてから離れるまで、家族(特に娘)との不和について、を描く。それら主題の解決が、ラストシーンの子供との戯れであった。家庭的な男の本能というのか、仕事に疲れはて不純なものがすべて洗い…

Saturday Night Fever(1977) - 時代を反映した

John Badham監督 時代を反映しない映画など存在しないのだが、世相をよく反映した作品は存在する。本作がそれである。

団地妻 しのび逢い(1972) - だんだんと心地よく、、?

西村昭五郎監督 今回、開始してから20分ほどくらいは冷めて観ていたのだが、30分を過ぎたあたりからだんだんとノッてきてしまって、「ロマンポルノの魅力」を始めて体感した次第である。もちろん性的な意味でノッたのではないが、団地妻の存在がだんだんと愛…

Claire's Knee (1970) - 作品としての美しさ

Éric Rohmer監督 説明不要の美しい作品である。私の叙述能力不足という問題というよりも、ストーリーを説明すると美しくなくなってしまう作品だからである。ストーリーに気をとらわれていると間違いなくClaireの膝への性的憧憬を共感できなくなり、それは観…

STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE (1977) - 普通に良い

George Lucas 監督 物語の最後は祭典とともに主人公たちを一画面に映して、さっさとエンドクレジットに移行して終わる。『スターウォーズ』IからVIまでの作品に共通するラストシークエンスの立てかたである。恒常的な宇宙戦争に一息ついてささやかな祝祭をあ…

Four Flies on Grey Velvet(1971) - 圧巻のラスト

Dario Argento 監督 多少肩に力が入っているというか、犯人の独白がかなり長い。つまりどうして猟奇的・精神異常的殺人を引き起こすのかという叙情的独白があった。それが本作以後の『サスペリア』や『フェノミナ』、『オペラ座/血の喝采』あたりになると犯…

Eyewitness (in "Door into Darkness")(1973) - 「めまい」の彼風のアレンジ

Dario Argento監督 金髪で灰色のスーツを着た死者を観ればまっさきに『めまい』が思い出される。本作はアルジェントがお茶の間にわかりやすいように、軽妙にアレンジした作品である。実際にはその死者が死者ではないことや、身近な共犯者がいる点なども『め…

The Tram (in "Door into Darkness") (1973) - 平均的犯罪者という用語

Dario Argento 監督 彼の特徴的なカメラワークが確立している。たとえば緊張した面持ちのアップである。プログレッシブ音楽を途切れさせることなく流すことで、単に十数秒流すのとは違う意味合いが生まれる。この効果に気づいたのはアルジェントならではの功…

The Bird with the Crystal Plumage(1970) - 美術を映画と直接的に結びつける技

Dario Argento 監督 深いストーリーだけれども、後味がさっぱりしている。ダリオ・アルジェントの特徴は、不快な感覚を残さないことにあって、たとえば犯人をなるべく残酷な方法で死ぬようしむけたり、犯人を勧善懲悪もしくは因果応報に断罪することが無い。…

M*A*S*H (1970) - スピーカーの魔法を観る。

Robert Altman 監督 これは朝鮮戦争の戦線近くの米軍の野戦病院の話である。しかし、冒頭のテロップと多少のシークエンスを除けば、まったく朝鮮戦争には見えない。むしろこれはベトナム戦争のように見える。 監督はこの点に対して、米国人に忘れられかけて…

The Yakuza (1974) - 文化の美しい衝突を観る。

Sydney Pollack監督。 いい映画であった。風呂場での殺人シーンが凄いと思う。魚のごとく刺すという比喩が似合いそうなそのシーンは、他の暴力的な映画のどこにも観たことがなかったので、久々にスリルを味わった。 「道」という単語にはさまざまな種類の道…

Death in Venice(1971) - 美しい白粉。

Luchino Visconti監督。 風景をなめまわすような主観ショットが印象的。真理や人間的尊厳を音楽として追究する中で、ベニスで出会った少年の絶対的美に出会ってしまい、その美を自らの哲学に統合できずに居る。なぜなら主人公は絶対に老人であり若さは戻らな…

The China Syndrome(1979) - まじめな映画を観る。

James Bridges as director 本作は主人公が孤独だから成り立つ。孤独な人間は周囲に協力が求められず、最終的には一人でなんでも解決しようとする。そのため、最後には主人公は具体的にテロ的行動に出たのであって、実力行使しようとする会社側との戦闘が盛…

The Holy Mountain (1973) - 「映画なんて観るな」と映画のラストで説教する非凡さに対して。

Alejandro Jodorowsky as director 『エル・トポ』に似た世界を踏襲しながらも、アイディアをさらに膨らませ、映画ならではの表現を沢山提示した作品である。映画鑑賞する上で更なる鑑賞を触発される。 初めに目を引いたのが、人間から出る体液がいかにカラ…

ALL THAT JAZZ (1979) - 人生への愛を観る。

Bob Fosse as director 一瞥しただけでは混乱するような、非日常的なモンタージュを使う。そのため、目が慣れるか、二順目をしたときからがこの映画は面白い。そう、かなり複雑化したモンタージュを使用しているのである。死後の天使と思わしき存在と対話し…

Taxi Driver (1976) - すばらしい夜景を観る。

Martin Scosese as director 70年代のN.Y.を撮り、ベストな夜景を観せてくれる。その夜景のきれいな事、非常にすばらしい。『ポンヌフの恋人』がフランスの夜景でno.1の描写力を持つとすれば、本作はアメリカの夜景でno.1の描写力であろう。

The Conformist (1970)- 画面の対称性を観る。

Bernardo Bertolucci監督。 主人公と教授という二つの軸で進行するかのように見えるが、実際には主人公の妻と教授の妻という別軸が機能している。一方、画面の対称性を意識した描写を心がけており、それぞれのショットに綿密な検討の跡を見ることができる。…

El Topo (1970) - Therapy Picturesを観る。

Alejandro Jodorowsky監督。 監督の話すことにはtherapy picturesと云って、社会的なものごとへの絶望を救済するような映画が求められている。本作はまさにそれをストイックに実行したものであり、映画人としてのかくあるべき姿を示している点において普遍的…

La Nuit americaine (1973) - 映画の愛にあふれるために観る。

Francois Truffaut監督。 映画世界の中に監督のにおいのする映画と、しない映画。もう近年の映画一般ではめっきり監督のにおいがしなくなり、CGによる人工的なにおいしかしない。プラスチックが地球の環境に良くない様に、CGばかりを観ていては映画を感受…

Une Belle Fille Comme Moi (1972) - 色情症のファムファタルを観る。

Francois Truffaut監督。 出演者の表情と個性を大切にして、それを最大限に活かす映画を撮るということで、Francois Truffautは監督の中でも随一の志を持っている。但し、即興ではない。細かく腕の先の指の位置にまで注文をつけるまでに気を配った上での、個…

Close Encounters of the Third Kind (1977) - ワクワクさせられるストーリーの醍醐味を観る。

Steven Spielberg監督。 John Williams音楽。 最終的に宇宙人と対面することになる、そこまでのプロセスが非常に良い。ストーリーは一般に、一番大切な事を最後の最後にはじめて開示するように持って行く。本作はその教科書。一度船体を観たと思ったら、しば…

The French Connection(1971) - 映画の快楽を提供する秀作を観る。

William Friedkin監督。 映画の快楽とはまさにこの映画の提供する時間のごときものである。主人公が捜 査官であるとか、アメリカにフランスのマフィアが攻めてきているという主題と は快楽は関係しない。捜査官とマフィアの物理的な距離感を、きわめて忠実に…

Conical Intersect (1975) - 分解されゆく建物、その面白さを観る。

Gordaon Matta-Clark監督。 同年のパリ・ビエンナーレのために製作された作品を、映像記録とした作品。 ビルをひとつ解体することになる。半円状に切り取ったり、重機で切りくずしたりして、曲がった円錐のような形を作り上げる。その過程を記録しているので…

Splitting (1974) - 真っ二つになった、可哀相な家を観る。

Gordon Matta-Clark監督。 本作を観た場所は東京都内の美術館であったが、驚くことに本作の映写場には誰もいなかった。美術館にはある程度人は断続的に入っていたのに、この作品については、私が観ている間に人が入ってくる気配すらなかった。 ある家が、立…

Clockshower (1973) - 時計台の上でシャワーを浴びる様を観る。

Gordon matta-Clark製作 本作を観て思い浮かんだのは、『ルパン三世カリオストロの城』に登場した伯爵のラストシーンである。時計台の針の上で、なにかをするという発想が非常に似ている。 はじめ、時計台の台が画面いっぱいに映し出される。すると、左下か…

Fresh Kill (1972) - スクラップされる車の取り方の違いを観る。

Gordon Matta-Clark製作。 芸術家の記録映像として一般的に認識されているので、カテゴリーを映画とは分けようかとも考えた。しかし、映像作品はすべて「映画」の範疇として書くことが、逆に新たな切り口を生むことにもなると考えている。 車がブルドーザー…

The Crippled Masters (1979) - 片輪の主人公を観る。

Joe Law監督。 常識に囚われないという意味で、本作はあらゆる映画の上を行っている。主人公は、冒頭で前触れもなしに両腕を切り落とされ、半死半生で街をさまよう。ここで、この俳優が本当に両腕が無いのか私はいまだに不思議なのだが、どうも本当に両腕が…

Barry Lyndon (1975) - 典型的な悲劇の変遷を観る。

Stanley Kubrick監督。 典型的な悲劇のストーリーである。しかし、伝記物のテイストにしてその主人公が死ぬまでを看取るような、ごく普通のことを監督は描写していない。決闘によってのし上がった主人公が、決闘によって片足を打たれて怪我をして、故郷に退…

幸せの黄色いハンカチ(1977) - 映画の日向。

山田洋二監督。 映画は 、もし 高倉健は倍賞千恵子 それは圧倒的に日向であり、日陰ではないのだ。

Mad Max (1979) - Mel GibsonとJoanne Samuelのベストカップル具合が伺える作品。

George Miller監督。 Mel GibsonとJoanne Samuelのベストカップル具合が伺える作品。 それはそれとして、撮り方に斬新さが多かった作品。カメラは「制限空間」を創出するものであるが、あまり空間が制限されているような感覚がしなかった。これがカメラワー…